TriCaster40TriCaster 40 総代理店パンダスタジオの公式販売サイト


TriCaster40は、カメラの4入力がコンポーネント入力になっています。業務用のビデオカメラや、すこし前の家庭用ビデオカメラもコンポーネント出力が装備されているため、コンバータは不要です。

PCの出力をコンポーネントに変換したり、HDMI出力しかない家庭用カメラの出力をコンポーネント出力に変換するためのコンバータについての情報を提供いたします。

パンダスタジオオリジナルのTriCaster40用に開発したコンバータ CP-1262PND

HDMIのカメラとTriCaster40の組み合わせで利用されるお客様の場合、HDMIをConponentに変換するコンバータが必要でした。入手できる限りのコンバータを試してみたのですが、PCのHDMI出力をコンポーネントに変換して入力した際、どのコンバータも、画面の左右や上下のどちらかに僅かにシフトしていたり、切れていることに気が付きました。そこで、上下左右が切れないコンバータをオリジナル開発しました。価格も入手しやすいように、15,000円という安価な価格で提供しています。

パンダスタジオオリジナルのTriCaster40用に開発したコンバータ CP-1262PND

パンダスタジオオリジナルのTriCaster40用に開発したコンバータ CP-1262PND

動作検証済みコンバータ

パンダスタジオで実際にTriCaster40との組み合わせで利用しているコンバータについて紹介をします。

Blackmagic Design社 Mini Converter SDI to Analog 

価格は、約25,000円。HD-SDIをコンポーネントに変換するためのコンバータです。HD-SDIが搭載されるカメラの多くには、コンポーネント出力が装備されていたり、D端子の出力→コンポーネント出力が可能であったりします。お手持ちのカメラの出力の種類についてご確認の上、HD-SDIのみの出力の場合、購入をしてくだささい。(また、現場での回線の引き回しが長くなる場合は、HD-SDIで配線を行い、TriCaster40の直前でこのコンバータで入力をする方法の場合に購入をしてください。)

 

Blackmagic Design社 Mini Converter SDI to Analog

Blackmagic Design社 Mini Converter SDI to Analog

Mini Converter SDI to Analogは、SDIからアナログHD/SDコンポーネント、NTSC/PALビデオ出力、バランスAES/EBU、およびアナログオーディオ出力への変換に必要なすべての機能を搭載しています。Betacam SP、VHS、およびアナログビデオモニターに簡単に接続できます。HD-SDIビデオをSD機器に接続するためのハードウェアダウンコンバーターも搭載されています。

Cypress Technology CP-1283HDT

Cypress Technology HDMIコンバーターデュアルHDMI – HDコンポーネント コンバーター CP-1283HDT

2種類のHDMIから入力を選択可能。HDMIからHDコンポーネントへのコンバーターは、HDMIをオーディオ出力付きで、コンポーネント (YPbPr)へ変換します。2つのHDMIソースをスイッチ可能で、コンポーネントに変換し、アナログオーディオ (L/R)、またはデジタルオーディオ (Coaxial)を同時出力。1080pまでの高精細をサポートし、出力解像度は入力によります。

HDMI→コンポーネント CP-1283HDT

HDMI→コンポーネント CP-1283HDT


HDMI→コンポーネント CP-1283HDT

HDMI→コンポーネント CP-1283HDT

特徴

  • HDMI v1.3 、DVI v1.0 準拠
  • 2 HDMI 入力と 2オーディオ(coaxial, L/R) 出力をサポート
  • HDMI入力は 8/10/12 bitsをサポート, コンポーネント出力は8 bitsをサポート
  • HDMI入力は、 HDMI-DVI アダプターを使用して、DVIフォーマットに互換
  • HDMIオーディオ入力は、LPCM 2CHをサポートし、 32KHzから 192KHzまでのサンプリング・レートをサポート
  • コンポーネント出力は、720p、1080i 、 1080pの、tri-level syncをサポート
  • HDMI オーディオ入力は、LPCM 2CHをサポートし、 32KHzから 96KHzで、サンプリング・レートをサポート
  • コンポーネント出力は、720p, 1080iと、 1080p tri-level sync をサポート
  • オーディオ出力は、ステレオ R/Lをサポート
  • EDID内蔵
  • ※この製品は、HDCP入力を処理しませんので、HDCP暗号を含むコンテンツを受けても、ビデオ・オーhヂオは出力しません。
  • 製品仕様は、http://www.ysol.co.jp/hdmi/converter/cypress/cp1283hdt.html でご確認ください。

 

動作検証中のコンバータ

順次、下記のコンバータを入手して動作検証をしています。動作検証が取れ次第、推奨のコンバータとしますが、パンダスタジオでは、下記の機種については、現在、カタログスペック上利用できると想定していますが、現在動作検証を行っていません。

グラスバレー    ADVC-G2-JP ADVC G2

放送局でも利用されているグラスバレー製のコンバータ。HD-SDI、HDMIでもコンポーネントに変換をしてくれます。3つで1Uのラックに収納出来て非常にコンパクトです。パンダスタジオでは、同シリーズのG1というコンバータを多様しています。G2も入手次第、動作検証を行います。

 ADVC G2の入力インターフェイス

ADVC G2の入力インターフェイス


グラスバレー    ADVC-G2-JP ADVC G2

グラスバレー ADVC-G2-JP ADVC G2

HDMI & SDI to Analog & SDI Converter
ADVC G2は、3GテクノロジーをサポートしたHD/SD-SDIを様々な映像/音声ソースに変換することができる、フレームシンクロナイザー搭載のコンバータです。
ADVC G2をはじめとするADVC Gシリーズは、放送業界で多くの実績を誇るGrass Valleyが日本国内で企画/開発し、確かな技術力だけでなく、スムーズに使える順応性と魅力的な価格帯を追求したデジタルビデオコンバータシリーズです。

● 高品質なダウンコンバートが可能
● フレームシンクロナイザー搭載
● SDI – SDI のスルー出力に対応
● 60p/50pに対応
● 1/3ラックサイズのコンパクトな筺体
HDMIやHD/SD-SDI(3G/1.5Gサポート)の入力をアナログ信号やSDIに変換。SDIやHDMIから受けた映像/音声ソースを、HD/SD-SDI(3G/1.5Gサポート)、コンポーネント、コンポジット、Sビデオ、AES/EBU、アナログオーディオにコンバート。3G-SDIに同期信号をつけて3G-SDIで出力するなど、フレームシンクロナイザーとしても使用可能。

詳細は、http://pro.grassvalley.jp/catalog/advc/advc_g2_f.htmをご参照ください。

ADVC-G2-JP ADVC G2 スペック情報
幅 142mm
高さ 42.3mm
奥行き 98.8mm
重さ 700g

 

推奨できないコンバータ

パンダスタジオの実験では、変換はされるものの何らかの理由があり、使用することを推奨しないコンバータです。

BlackMagicDesign社 Broadcast Converter

検証したところ、HDMIでの入力はHD-SDIにしか出力できませんでした。HD-SDI出力をケーブル接続によりHD-SDI入力にいれてやることでコンポーネント出力を得ることができますが、HDMI入力にも以下の条件があるため、推奨することができません。

  1. ソニー製ハンディカムを使う場合の注意
    ハンディカムの一部機種に横解像度1440ピクセルのHDV解像度でHDMI出力するものがあり、これには非対応です。
  2. PCのHDMI出力を使う場合の注意
    PCのHDMI出力が、ビデオ出力ではなく、VESA規格HDMI出力の場合があり、これには非対応です。

BlackmagicDesign Broadcast ConverterのHDMI入力は、HD-SDI出力のみ

BlackmagicDesign Broadcast ConverterのHDMI入力は、HD-SDI出力のみ


BlackmagicDesign Broadcast ConverterのHDMI入力は、HD-SDI出力のみ

BlackmagicDesign Broadcast ConverterのHDMI入力は、HD-SDI出力のみ

約8.5万円。Broadcast Converterは、Mini Convertersの機能を1Uラックマウントサイズの筐体に搭載した製品で、双方向のコンバージョンに対応しています。SDIからアナログ、HDMIへ変換しながら同時にアナログ、HDMIからSDIへ変換できます。コンパクトなラックマウント式のBroadcast Converterは、Betacam SPなどのアナログデッキとSDIベースのシステムを接続するのに最適なソリューションです。Broadcast ConverterとMini Converterの各モデルの機能や仕様の違いは、弊社ホームページでご確認ください。

 CP-1262HE(ランサーリンク、ハイバーツールズ、Cypress共通)

3つのメーカーから9,000円〜13,000円程度で販売されていますが、入手して確認したところ、画質は問題ないのですが、出力される画像が大きく左にシフトされ、画面左側が切れること。画面右側に黒が入ることが確認されました。メーカー側に確認しましたが、故障や個体差ではなく、仕様でどうしようもないとの回答です。安価で非常に画質は良いのですが、画面左側が切れるため、推奨することができません。

変換後の画像が左に大きくシフトし右側には黒が入る CP-1262HE

変換後の画像が左に大きくシフトし右側には黒が入る CP-1262HE

 

画面が左にずれる CP-1262HE

画面が左にずれる CP-1262HE

  • ランサーリンク HDMI-PC/コンポーネントコンバーター(HDCP非対応) CP-1262HE
  • ハイパーツールズ HDMI to VGA/コンポーネント変換機 CP-1262HE
  • Cypress HDMI – PC/コンポーネントコンバーター オーディオ対応 CP-1262HE

 

動作しないコンバータ

パンダスタジオで実際に入手してみたもの動作しない、または、動作が安定しないので、動作しないコンバータとして購入しない方が良いコンバータの一覧です。特定の環境で動作するかもしれませんが、業務に利用する上で購入しない方が良いコンバータです。

【MA-8711】LKV384

  • 【MA-8711】LKV384 HDMI to Component Video + Stereo Audio Converter / HDMI入力をコンポーネント映像+ステレオ音声に変換して出力するコンバーター。
  • Amazonや、秋葉原のショップで、5,000円程度で販売されていますが、私たちが購入したものは、映像そのものが出力されず、利用することができませんでした。
LKV381 HDMI to Composite

動作しなかったコンバータ【MA-8711】LKV384

 

VGA ⇔ コンポーネント スケーラ付きコンバータ CYPRIS CP-291

講演会などパソコンのディスプレイ信号は、まだまだVGAが基本です。しかも、プロジェクターと分配されていたり、進行用の表示と講演者のPCを切り替えたり、どんな信号が入ってくる事前に完全に把握することが難しいことが多々あります。また、スタジオに盛り込みされたノートパソコンの映像出力が、RGBの場合、フルハイビジョンのコンポーネント出力に変換してTriCaster40に入力する必要がります。

そんな不便を解消してくれるコンバータを、パンダスタジオ東池袋http://higashiikebukuro.pandastudio.tv/?p=600 )さんが発見して利用されていますので、その事例を紹介します。

利用されているのは、CP-291というアナログスケーラーを利用します。

TriCaster40に便利なコンバータ CP-291
TriCaster40に便利なコンバータ CP-291

TriCaster40に便利なコンバータ CP-291の概要

  • CP-291は、アナログRGB映像信号をコンポーネントビデオ信号に、またコンポーネントビデオ信号をアナログRGB信号に相互変換可能なビデオスケーラーです。
  • 最大で1080p、またはWUXGA(1920×1200)までのアナログRGB信号およびコンポーネントビデオ信号を入力でき、同様に480iから1080pまでのHDTV向け解像度、およびWUXGAまでのPC向け解像度のアナログRGB、またはコンポーネントビデオ映像に変換し出力します。
  • ただしコンポーネント信号⇒コンポーネント信号の変換や、アナログRGB信号⇒アナログRGB信号の変換など、同規格の信号同士の変換はできませんのでご注意ください。
  • アップスキャン/ダウンスキャンや色合いやアスペクト比調整など、様々な画像調整機能を自在にお使いいただけます。
  • アナログRGBを備えたパソコンからの映像を液晶テレビ等で使用する際や、コンポーネントビデオ信号をパソコン向けの液晶ディスプレイに表示させたい場合などに便利です。
  • 高画質高精細の映像信号を要する、プロフェッショナル向け用途や大画面テレビでの使用や、大型液晶テレビをパソコンのディスプレイ用途に使用する際などに最適です。

コンバータに関する情報をお寄せ下さい

パンダスタジオでは、TriCaster40で利用できるコンバータやアクセサリーについて情報を収集し、検証してまいりますが、利用の皆様からの貴重な情報もお待ちしています。実際に利用してみて、本ページに記載以外の情報で追記した方が良い情報などございましたら、お寄せ下さい。

各種コンバータを販売します

TriCaster40の販売

TriCaster40との組み合わせで利用できる各種コンバータの手配、販売もしています。購入したいコンバータについて、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。御見積をメールいたします。

  1. お問い合わせ種別を選択してください
  2. お問い合わせの機種を選択してください。(不明の場合は「その他」を選択してください。)
  3. お客様情報を入力してください
  4. ※必須
  5. ※必須
 

個人情報の取扱い規約

株式会社パンダスタジオ(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. イベント、セミナー、キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のスタジオ事業関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務
弊社は、プライバシーポリシーの規定に従い、変更前の目的と相当の関連性を有する範囲内で利用目的を変更する場合があり得ます。その場合は、変更後の利用目的を速やかに弊社のWebサイト上に掲載いたします。
会社名 株式会社PANDASTUDIO.TV
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目7番3号 セイコービル2F
担当部署 スタジオ事業部
電話番号 03-5812-0666
FAX番号 03-5812-0669
Eメールアドレス pandastudio@kiban.jp (送信時は@を小文字に変更してください。)

Print This Page Print This Page